2016-11-30

【”コンテンツマーケティング”のコンテンツはどう作ればいいの?】役立ち情報


この前、私が参加したあるセミナーで、奇遇にも以前に勤めていた会社の
後輩が登壇していてビックリするという事がありました。
何とも世間は狭いものです。

久しぶりに会ったその後輩はとても成長していて、
いまは、webマーケティングで有名な株式会社ベーシック
webマーケティング事業部にてマネージャーをしているという事で、

同じ会場に来ていた彼のメンバーに
情報交換も兼ねて、当社へ紹介に来て頂きました。

ベーシック社といえば、Webマーケティングポータルのferret(フェレット)
が有名ですが、そのサイト運営で培われたノウハウを活かして展開する
MAツールのferret One(フェレットワン)というサービスをご紹介頂くことに。

魅力的だったのは、
自社で展開して実績を持つferret(フェレット)のノウハウを
他社(クライアント)にも活用してもらうというスタンスがあることです。

NEOとしても、中小企業のビジネスにおいて
”コンテンツマーケティング”が非常に有効であることは共感すべき点で、
これからの時代は売込みではなく、役立つ情報の発信が信頼に結びつく要素だと考えます。

ではこの「コンテンツ」をどうやって作ればいいのでしょうか?

まさにここが企業にとって最大の難関…
売込みではなく、クライアントにとって役立つ情報を発信するというのは
なかなか出来るようで難しい課題だと言えるでしょう。



※当社ではこうやってリサーチ担当者とPR担当者が
お互いにアイディアを出し合ってお客様のコンテンツを制作しています。

しかも発信するのは”自社”なので
自分たちのことをついつい良く見せがちになってしまい
役立つ情報を発信するつもりが、なぜか売込みっぽくなってしまう。

これではクライアントも興味を持ってくれませんし
リードへとつながる信頼に結びつきません。

そこで役に立つのが、客観的データの活用です。

そう、自分たちのことを自分たちで語るのではなく
客観的な第三者の見解を添えると、一気に信憑性が高くなります。

そういう形で活用するのが「リサーチ」の魅力なんですね!
ぜひコンテンツ作成に課題をお持ちの方は、サポートさせて頂きますので
ご相談頂ければと思います!

※あ、ついつい手前ミソになってしまいましたね。
 当社ブログは”コンテンツ”ではないのでご容赦ください!(笑)