2016-10-21

【社員の夢が叶う会社(人事編)】代表コラム

先日の「役員コラム第一弾」が非常にご好評を頂きましたので
さっそく、第二弾をお届けしたいと思います!

ネオマーケティング代表取締役の一人で、
現在はセールス・サービス部門の統括と人事部門を統括する
荒木より、人事における想いを語って頂きました。

~~~
こんにちは、荒木と申します。
本日は私の管轄する「人事の在り方」についてお話します。

お陰様で100人を超える組織となってきました。
改めて「人の大切さ」を考える日々です。
「感情だけで組織を守ることはできない」
そういうフェーズだと感じています。



そんな中で、原点に戻り着手する点は、
「コミュニケーション」だと考えています。

中間面談/チームごとの情報交換/定期的な懇親会

色々な取り組みを行っていますが、
今後、特に注力する点は、「聞き手の事後アクション」です。

上司、部下、同期など色々な関係がありますが、
コミュニケーション後の”アクション”が重要だと考えています。

(相談した側)
「やると言ってくれたのにやらない」
「はぐらかされる」

(相談された側)
「相談されたけど、どうしたらいいかわからない」
「評価が下がるから、上司に聞けない」

ミスコミュニケーション減らす為には、
エスカレーションの仕組みの構築だと思っています。
誰かに聞くことの重要性、誰に聞くのかという仕組みです。

相談する側の意識と、相談される側の意識を創り、
ミスコミュニケーションが減ることで、強いチームは生まれます。

コミュニケーション後の行動によっては、
感情のアップダウンに大きく関わりますし、
当然、業績にも連動します。

”社員の夢が叶う会社”を創る為にも、
圧倒的な準備のある、人事体制を構築していきます。