2016-10-14

【昨日に続いてセミナーでお話した役立ち情報】セミナー

あまり長文にできないブログでは、
伝えたいことをまとめるのは非常に難しいですね…

昨日のブログではあまり深くお伝えすることが出来なかったので
今日はもう一つのポイントから、お役立ち情報をピックアップします。

デジタルマーケティングを駆使して、お客様からの問合せ(リード)を
獲得するためには、やっぱり価値のある情報を発信する事が大切です。

かといって、魅力的で価値のある情報を考えるのはやっぱり難しい…
私のブログもネタを考えるが一番苦労するところ。

そんな”魅力的なコンテンツ”を考えるためのヒントをご紹介!

今回の共同セミナーを開催するきっかけとなったY氏が
「その手があったか!」な内容でお届けします。



まずコンテンツを考えるにあたって性格と特性を考えます。

① 感情訴求型   ユーザーの感情に訴えかけるもの
② ロジック訴求型 ハウツー系などユーザーを納得させ、信頼を得るもの
③ 認知獲得型   ブランドや商品の認知・拡大に向いているもの
④ 購買訴求型   実際の購買につなげるもの

上記の4つのコンテンツの性格・特性を踏まえて
カテゴリーを整理すると、下記のような代表的なものが浮かび上がります。

◆エンタメ系
 単純に「面白い」と思えるコンテンツで拡散したときのインパクトは大
 そう言えば、アイス・バケツ・チャレンジ なんかが流行りましたね。

◆お役立ち系
 お悩みを解決してくれる、困ったときの頼れるコンテンツ
 納得出来るものに人は惹かれるものです。

◆説得系
 商品やサービスの具体的な特徴やメリット、使用シーンや活用方法を解説
 やはりメリットに根拠があると人は動くものです。

◆衝動系
 感情に訴えかけ行動を起こしたくなるようなコンテンツ
 購買の8割が衝動買いだというデータもあるくらいです。

このようなテーマを先に考えてコンテンツを作るだけでも
やみくもに作るより目的の定まったものが仕上がりそうですね!

セミナーでは実際の取組みの事例などの紹介もありましたので、
興味のある方はぜひ、Y氏や当社の担当に聞いてみて下さい!

それではまた来週~