2016-09-29

【”改革”をもたらした男】サービス

リサーチには実に様々な手法が存在します。

その中でも大きくはインターネットを通じて行うweb調査と
実際に対象者と接して行う会場調査やインタビューなどに分類されます。

手軽に多くの人へ短期間に安価で実施できるweb調査に比べて
対象者に直接”接点”を持つ調査は、商品やサービスに対する反応を
直に感じられる点と、より深く追求する事ができる点で得られる情報は非常に多く
多くのお客様の課題解決において欠かす事の出来ない手法だといえます。

どのような調査手法も、専門的な知見によって価値を提供するものですが
特に対象者と接点を持つ調査においては、環境や段取りといった
”外部環境”によって得られる情報に大きな差が生まれるものだといえます。

私たちは長年の実績を通じて、ノウハウを蓄積してきただけでなく
この”外部環境”の整備に多くの投資を行ってきました。

そして、その立役者ともいえるメンバーがいます。



「フィールドオペレーション・サーベイチーム」を率いるサブマネージャーのS氏は
これまで数多くの調査を企画し、”外部環境”の整備に注力してきました。

当社では会場調査(CLT)を行うための会場を社内に保有していますが
さまざまなパターンの会場調査に対応するべく、可変性のあるレイアウトの用意や
店舗と同じ商品棚をそろえるといった導入に大きく貢献。

またインタビュールームでは、オフィス立ち上げ時からあった円卓の会場の壁を
マジックミラー化し、より会場の雰囲気を直に感じられる環境を整備。

オフィス内だけにとどまらず、商業施設などで行う店頭調査や
モニターの自宅にうかがう訪問調査、商品を自宅で利用してもらうホームユーステスト
といったあらゆるフィールド系調査のオペレーション改革をもたらしてくれました。

ネオマーケティングはリサーチだけに留まらない
総合マーケティング支援が強みの会社ですが、ベースとなるリサーチ事業において
あらゆる調査手法を自社で提供できる環境こそが他の事業を活かす秘訣です。

これからも様々な課題に応える当社のサービスにご期待下さい。