2016-09-26

【私たちが総合マーケティング会社を歩み始めた原点】経営

最近は人事面での活動が多くあり
特に採用活動を通じて多くの方にお会いする機会があります。

当然採用活動をしていくと、私たちの事業を紹介する機会が増えるのですが、
特にマーケティングの知識がない方に説明する時ほど、
私たちの事業の魅力を再認識することが多いです。

そんな採用活動を通じた中でお伝えする事業の魅力について
今日は少し触れてみたいと思います。

「リサーチ事業とPR事業を同一の会社で行っているのは珍しいですね?」

営業を行っていた方からはこのような質問を頂くケースが多いのですが、
実際にこれは当社の最も特徴的で、他にない強みです。

当社はリサーチ事業から立ち上げした企業ですので
最初はPR事業を行ってはいませんでした。

そのきっかけとなったのは、私たちがリサーチ事業を通じてお客様から
このように相談を受けたことが始まりでした。

私たちの”課題”も、”強み”も理解しているネオマーケティングなら、
 根拠となる”情報”を活用して、魅力を発信してくれないだろうか?

確かに私たちは企業のマーケティング課題に深く関わりを持つことから
”課題”だけでなく、”魅力”についても十分に理解する事ができます。

誰よりもお客様の魅力を分かっていながら、
それを活用して、求められる情報の発信に活かせないだろうか?

ただしネックは、公平性のあるデータを扱うリサーチ会社だからこそ
企業の魅力に肩入れする事ができない存在であることです。

しかしながら、それを実現できたのは、NEOの歴史の中で
最も大きな転換点となった「株式会社one」とのジョインによるものでした。



当時、ネオマーケティングの”PR業務”を依頼していた
「株式会社one」の荒木と浅野との出会いから、お互いの強みを活かして
共に歩むことを決断し、「リサーチとPRの共存」を実現させることができたのです。

商品開発(創るところ)から広報(発信するところ)までを、
最もお客様の事を理解する存在である私たちが、一貫してサポートできること。

この始まりが、いまの総合マーケティング会社となった
ネオマーケティングを創ってきた原点です。