2016-08-31

【行った者にしか見れない景色がある】制度

まだ残暑厳しい日が続きますが、本日で8月も終わり
いよいよ私たちにとって決算月でもある9月が幕を開けます。

今期を全力で走りきるラストスパートであると共に、
来期に向けた新たなチャレンジの準備期間であるとも言えます。

その中で、非常にアグレッシブな挑戦を手にしたメンバーがいます。

クロスバイクが好きで、大学時代は自転車一つで全国どこまででも
走りに行けるといったストイックな一面を持っているM氏は、
約2年半前、新卒メンバーとして入社しました。

多くの経験と知識を必要とするリサーチ事業において
一歩ずつ着実に成長を続け、今ではグループ内で
常に上位3位以内に入るメンバーとして活躍するまでになりました。



周りからも認められる実績と信頼を得て
ステップアップのための公募に参加する事になった彼は
役員を前にしたプレゼンの場で”ある挑戦”をしたいと提案します。

「那覇拠点の成長と拡大に向けたミッションに挑戦したい。」

那覇拠点=沖縄なはマーケティングラボは、
昨年5月に出来たばかりのNEO拠点の中で一番新しい拠点です。

メンバーも増え、新卒も入社し、
まさにこれから成長していく過程の環境にあります。

会社としては今後より拠点を拡大し、取り扱う業務量も
仕事の質もどんどん高めていく発展途上拠点です。

未熟な部分も多く、だからこそ挑戦できることは幅広くあるし、
拠点でありながら小規模の会社のように、何でも新たに創っていける。

そうした環境でチャレンジしたいという彼の想いに
非常に大きな期待を持って、応える事になりました。

そんなM氏を激励する壮行会を兼ねて
先週の水曜日にはさまざまなメンバーが参加する飲み会を開催!



事前に集めた社内アンケートによる
メンバーからの熱いメッセージを統括マネージャーより受けて
笑いあり、涙ありの大爆笑で盛り上がったのは言うまでもありません。

東京から”1,556km”離れた那覇で得られるもの。
一回りも、二周りも成長してきてくれる事を楽しみにしています。






2016-08-30

【入社一年半、新卒社員の成長の軌跡を追う】メンバー紹介

先週は続けてキャラクターたちの紹介をしたからか
「キャラクターもいいけど、メンバーは登場しないの?」

というコメントを頂いたので(嬉しい声ですね☆)
今日はメンバーを取り上げようと思います。

皆さんの会社では、”2015年新卒”メンバー頑張っていますか?
初めての社会人としてスタートして約1年半になる彼ら。

私の昔の事を思い返すと、恥かしいくらい仕事が出来なくて
自分の無力さに気付いた頃だったかな…と思いだします。

一年目はとにかく覚えることが多くて、
出来るようになった事だけでも充分嬉しかったのに

だんだん周りからの期待も大きくなって、後輩に教える事も増えて
まさにそんな環境にいるのが彼らかもしれません。

そこで今日は”2015年新卒”メンバーの中で
サービスDivで活躍しているT氏に話しを聞いてみました。



萩:最近なんか忙しそうだね。
T氏:そうなんですよ、結構大変です。

萩:どんなところが大変なの?
T氏:これまで担当していたweb調査の仕事だけじゃなくて
   最近はCLTや街頭調査も任されるようになったんですよ。

萩:仕事の幅が拡がってんじゃん。
T氏:これまでより一緒に仕事を進める人が増えて
   情報共有したりコミュニケーション取るのが難しいです。

萩:入社した頃言ってた、毎月旅行する目標出来てんの?
T氏:確かに言ってましたね…最近行けてないですww
   でも仕事も楽しいんで、両方出来るよう頑張ります。

なんだか少し見ない間に頼もしくなっていて
とっても嬉しくなりました。

皆さんの会社でも、新卒2年目のメンバーがいたら
こんな感じで成長しているのかもしれません。

あ、今日はこんな”ほのぼの”な感じで。
またいろんなメンバーを紹介していきます。



2016-08-29

【どうしてキャラクターがロボットなのか?】キャラクターまとめ

市場ではモノのインターネット化が進みIoTが注目されています。
日経新聞でも連日IoT関連のサービスが発信されていて
インターネットの可能性がますます拡がっていますね。

仕事においても”システム”や”情報”を活かして
より効率を高めるなど「情報」の価値は非常に高まっています。

私たちは創業当時から、経営理念において
”人と企業の架け橋となる「価値ある情報サービス」を提供する”
ことを志において歩み続けてきました。

私たちが提供する「情報」はお客様の事業や経営の
方向性を決める最も重要な”要素”です。

だからこそ私たちの扱う「情報」は
常に精緻で、偏り(バイアス)があってはなりません。

その想いを込めて、
キャラクターには正確無比な”ロボット”を採用しました。



また”ロボット”はこれからの未来を担う最新技術の結晶であることから
時代の先を行く存在であり続ける、という意味も込めまています。

けれど私たちの魅力はそれだけではありません。

常にお客様に寄り添い、課題を一緒に考えていける
愛情を持った人の集まりであることも、大切な強みです。

どれだけ技術が進歩し、機械が進化しても
私たち人間の持つ「愛情」がなければ
人にとって魅力のあるものを生み出す事はできません。

私たちは、ただの無機質なロボットではなく、
”愛情”を兼ね備えた「人間味のある魅力的なロボット」であること。

それを現したのがこの5体のキャラクターです。

これからもこのキャラクターたちと共に
成長していく私たちと、お付き合い頂きますよう
よろしくお願い致します。



2016-08-26

【私たちの根底にある”本当の強み”とは?】キャラクター05

いよいよ今週末は「日テレ24時間テレビ」の放送です。
今年は”林家たい平”さんが100.5kmのチャリティーマラソンを走るようですが
いつもすごいと感じるのは、並走する坂本雄次トレーナーの存在ですよね。

もはや24時間テレビの”顔”ともいえる坂本雄次トレーナーの年齢は69歳。
彼なくしては過去のランナーの完走は果たせなかったに違いありません。

普段体を鍛えていない素人を、ケガなくゴールまで導くためには
プロフェッショナル(専門家)の存在が必要不可欠です。

さて、お察しの方も多いと思いますが(笑)
当社にもさまざまな分野に精通している専門家たちが多くいます。

特に事業の核となるリサーチを支える「リサーチャー」の存在
お客様の課題を明確に見定め、解決に導く専門家と言えるでしょう。

その存在を表しているのが「頭脳さん」です。



「頭脳さん」の最大の特徴は
キラキラ光る脳で処理される情報収集&分析のチカラ!
課題に応じて調査設計を行い、調査データを精密に分析しアプトプットします。

そして腕は手法切替アームレバーになっていて
私たちの得意とするリサーチの幅広い調査手法があることを示しています。

当社は「総合マーケティング会社」として
多くの事業を内製化し、専門性を高めることで差別化を図ってきました。

しかしながら、”本当の強み”の根底としてあるのは
長年培ってきたリサーチが全ての事業のベースにあることです。

私たちはリサーチを通じて、お客様の”課題”も”魅力”も明確にします。
だからこそ「改善」するための最適な提案を行うことも、
お客様の”魅力”を「発信」することも、「効率化」に導くこともできます。

完走請負人の坂本雄次トレーナーのように、
皆さんには当社の頼りになる「頭脳さん」が付いています!

最後に一つ「頭脳さん」のヒミツをご紹介☆

当社コーポレートサイトのTOPにあるキャラクタースライド画像には
動きのあるアニメーションが組み込まれているのですが、

「頭脳さん」のアニメーションでは一回目のアウトプットが
”円グラフ”になっていて、二回目は”棒グラフ”になっているんです!
https://www.neo-m.jp

ぜひ他のキャラクターの動きも、注目して見て見て下さいね。



2016-08-25

【彼が持つアンテナは何を発信しているのか?】キャラクター04

昨日通りかかったコンビニで「おでん」セールのチラシを見かけました。
夏におでんを開始するのは有名な話ですが、今年もそんな時期になりましたね。

この「おでん」が置かれる”超一等地”のコンビニのレジ横市場において
今や欠かせない存在となっているのは、やはり「コーヒー」でしょう。

新たな市場を生み、不動の地位を築いたコンビニ「コーヒー」は、
大手セブン1社だけで、なんと年間約750億円もの売上を誇るそうです。
コンビニ市場にとっては大きな転換点となった商品だと言えるでしょう。

私たちの会社でも、このように転換点となった事業があります。
それが「PR事業」です。

今日はその「PR事業」を示す”赤くて目立つキャラクター”を紹介します。

頭の上から発する電波が特徴的な「Mr.アンテイナー」は
見た目の通り、情報を発信するアンテナの役目を果たしています。



かつての私たちは、情報を収集するリサーチ事業を持ちながら
集めた情報を発信する仕事を行っていませんでした。

リサーチはお客様の”課題”を明確にするだけでなく
お客様の”いいところ(魅力)”も発見することが出来ます。

それまでは、明確になった”課題”を解決するための提案を行い
発見した”魅力”については、お客様自身に活用方法を委ねていました。

しかしながらリサーチを通じて
お客様の事を一番に理解している存在だからこそ、
情報を活かすための方法についてもアドバイスして欲しいという要望を頂き
この「PR事業」を始めることになりました。

そして私たちが考えていた以上に、この「PR事業」は
これまでのお客様が抱えていた課題を解決するのに大きく役立つことができ
いまや当社になくてはならない事業となっています。

今回この「Mr.アンテイナー」はキャラクターたちの中でも
ひときわ背が高くて、目立つ存在です。

それは私たちの事業の中でも大きい存在である「PR事業」を
まだ知らない方にも気付いてもらえるように。

そして「お客様の会社を情報発信基地に変える」と書いてある通り
私たちが皆さんの”情報発信基地”となって、”魅力”を発信していきます!

私たちの「PR事業」の可能性にご期待ください。



2016-08-24

【大きなカラダに隠された初期のコンセプトとは?】キャラクター03

現在のキャラクターに辿り着くまでには、
キャラクターデザイナーさんとのさまざまな試行錯誤がありました。

彼らを通して、私たちは何を伝えたいのか。
どうすれば”想い”を伝えることが出来るのか。

今日はセンターに陣取り、ひときわ存在感のある青いカラダが特徴的な
「ブッキーマン」を通して、コンセプトを伝えていきたいと思います。

「ブッキーマン」の名前の由来は「武器」です。

総合マーケティング企業である私たちを理解して頂くために
伝えたかった最初のテーマは、この「武器」をたくさん持っていることでした。



当社は創業から長らく、リサーチ会社として成長してきました。
今でも多くのお客様と取引を頂いているサービスは、
このリサーチ事業であることは事実です。

しかしながら、私たちはただのリサーチ会社として成長するのではなく
さまざまなマーケティング事業を持つ企業となることを選びました。

リサーチ、PR企画、web制作、メディア発信
コンタクトセンター、BPO、IT支援

お客様の持つマーケティング課題を、さまざまな方法で解決するために
提案できる手法(武器)をワンストップで自社に備えている企業。

「武器」は一つだけじゃなく、たくさん持っている。
その事をしっかりと伝えたい。

そこで初めに生まれたキャラクターはなんと
いろいろな「武器」を懐に備える「忍者」でした。
(今となっては秘蔵キャラですね。)

そして試行錯誤を経て、この「ブッキーマン」が生まれます。

「ブッキーマン」の魅力は、あらゆる武器を作り出す”開発脳”にあります。
これは私たちのサービスが、現在の形を最終形とするのではなく
これからも新たな「武器」を次々と生み出していくことを指しています。

また燃料タンクにも見える胸は、
私たちの事業の核となる「情報」を蓄える情報蓄積タンクです。

私たちはこれからも「情報」を元に
マーケティングに関する多くの「武器」を生み出し続ける企業であり続けます。

彼の無限の”開発脳”に、これからもご期待ください!



2016-08-23

【ソナーの瞳は何を映し出せるのか?】キャラクター02

先日の日経新聞に、富士重工業がSUBARUへ社名変更を
発表したことで、大きな反響があったという記事がありました。

きっと想い入れのある方からは、変わってしまう事への寂しさがあり
企業の想いとしては、革新のための一歩だったに違いありません。

私たちが今回、キャラクターの導入を考えたきっかけの一つにも
「これまでのNEOのイメージを”超えて”いきたい。」
という想いがありました。

その中でも、この「みつける子ちゃん」は
私たちの”革新”を伝えるための重要なキャラクターになっています。



”目”に特徴があって、双眼鏡のようにも見えますが
実は瞳の中で弧を描くように回転しているのは「ソナー」なんです。

「ソナー」とは、水中を超音波を用いて、
水上船舶や潜水艦などを捜索、探知、測距する装置のこと。

映画などで船の艦長がレーダーを見ながら、
「北北東、30kmの方角に大型の船が接近しています!」
というシーンで出てくる、アレです。

肉眼では見えないモノでも、この「ソナー」を使えば
しっかり見つけることが出来ることから

私たちが仕事を通して、
「お客様さえも気づかない”本質的な課題”と”魅力”を発見します!」
という想いを込めました。

この”本質的な課題”というメッセージは
私たちが理念の中でも特に大切にしている言葉で、

表面上の課題にとどまらず、しっかりと本質を捉えること
お客様の本当の意味での課題解決につながるという
代表の創業当時の想いをつなぐ言葉でもあります。

そしてもう一つ”魅力”の発見については、
ネオマーケティングが、課題解決をして終わるのではなく

お客様にとっての最大の理解者として”魅力”を見つけ
その先にお客様の”魅力”をもっと輝かせたい!
という想いを込めています。



2016-08-22

【私たちにとっての非常に大きなチャレンジ】キャラクター01

皆さんは既にご存知かもしれませんが、
ネオマーケティングには少し特徴のあるキャラクターがいます。(笑)

以前から当社のことを知って頂いてる方から見ると
こう思っていただいている方も多いのではないでしょうか。

「ずいぶんイメージが変わって面白くなったな~」
「企業向け(BtoB)サービスの会社にしてはめずらしいな~」

そう、私たちにとってこの変化は非常に大きなチャレンジであると共に
これまでとは違う会社の「想い」を伝えるための手段でした。

今週はそれぞれのキャラクターについて
私たちが込めた「想い」について紹介していきたいと考えています。

なぜロボットなのか?
という核心を突いた疑問の答えは
最後のまとめに持っていこうと思っていまして…(笑)

今日は”愛らしい”キャラの「じっくりん」から。
賛否両論あるかと思いますが、よ~く見ると”愛らしい”キャラなんです。



キャラクターデザイナーさんとの打合せの中で
最後まで揉んだのが彼でした。(最初は球体で宙に浮いたキャラでした)

他の4つのキャラは”能力”を表しているのですが、
この「じっくりん」だけは、私たち”人”のスタンスを表しています。

しかも頼りにすべき”知力”は高くなく、
特技は”聞くこと”で、最も優れているのは”一生懸命さ”という気合い的側面。

これが私たちですか?
と言ったメンバーもいるくらいです。(笑)

ではなぜこの「じっくりん」が生まれたのか…。

それは、お客様に直接会っている私たちのメンバーを想像したときに
正直、全員が完璧なコンサルタントではない。業界の知識や経験もまだまだ
足りないことが多いし、時にはお客様に教えてもらう事もたくさんある。

けれど、どのメンバーもお客様のことを誰より一生懸命考えている。
売りつけるような仕事はせず、何が”本質的な”課題なのか
お客様が”どうなりたい”と思っているのかを真剣に聞いてくる。

聞いてくることが出来れば、
社内には誇れる専門家がいて、お客様の課題を解決に導くことが出来る。

そんな私たちを理解してもらいたくて
生まれたキャラクターが、この「じっくりん」でした。

どうですか?
皆さまと接して頂いているメンバーは
ちゃんと「じっくりん」になれていますでしょうか?

もちろんこの「じっくりん」は日々成長し、
さまざまな知識と経験を身に付けて、いずれは誇れる専門家となります。

それまで私たちのメンバーを応援してもらえると嬉しいです!



2016-08-19

【会社とメンバーが1つになれる場所】制度

突如襲い掛かるゲリラ豪雨が続いています。
皆さんは外出先などで、遭遇されていらっしゃいませんか?

先日外出する時のこと、窓から見たときには傘をさしている人が見当たらず
大丈夫だと思って1階に着いたら、バケツを返したような雨…。
慌ててフロアに傘を取りに戻りました。

まったく心の準備をさせて欲しいものです。

さて、皆さまの会社では全社員が一同に介して行う会議
どのくらいの頻度で実施されていますでしょうか?

ネオマーケティングでは”毎月”全社が集う「全体会議」を行っています。
会社としてはこの会議を非常に重要な位置付けとして、
出来る限りのメンバーに参加してもらうようにしています。

もちろん拠点のある那覇や石垣ともビデオ中継を繋いで、
資料を共有しながら、メッセージをやり取りします。

発表されるのは、会社の収支から始まり
各部署の前月の実績結果、達成者の発表、報告事項など多岐に渡り
全メンバーが会社全体の「いま」を理解する時間でもあります。



特に収支については、透明性のある経営を心掛け
会社の状態を全社員に伝え、より興味を持ってもらうために
これまでずっと継続して行ってきました。

また人が多くなるにつれて他部署の取組みが見えにくくなることを
防ぐために、全部署・全グループ会社の動向も共有しています。

約1時間を要して、全社員の時間を使う事は非常に大きな投資です。

しかし、この時間があるからこそ、会社とメンバーが一緒の景色を見て
目指す目標に向かって心を1つにすることが出来ると信じています。

そろそろ今期も残り僅かとなり、
来期を見据えた大きなチャレンジが始まっていきます。

本日の会議でも、ワクワクするような方針が発表されました。
これからも私たちの成長を楽しみにして頂ければと思います。

乞うご期待ください!



2016-08-18

【マーケティングに活用できるネタにお困りですか?】役立ち情報

夏期休暇も明け、業務再開している皆さまも多いかと思います。
今年は充実した余暇となりましたでしょうか?

当社メンバーも”帰省”や”旅行”に出掛けた人が多く
毎年のことながら、コミュニティスペースにはみんなからの
全国のお土産がずらりと並んでいました。

これで当分は机の中が充実しそうです。(笑)

さて久し振りに出勤したら、溜まりに溜まったメールの数々…。
皆さんも多くのお仕事に追われているかもしれませんね。

早いもので、8月も残りわずか。
2016年も後半戦に向けて、さまざまな戦略を立てねばという状況でしょうか。

「来期の予算組みはどうしようか?」
「2017年の商品戦略は何を仕掛けようか?」
「年末に向けた広報を模索せねば」

などそれぞれの担当業務によって違いはあると思いますが、
皆さんの「企画」の武器となるのはやはり「情報」かと思います。

そんな時に活用できるネタの宝庫として、
当社が運営する「マーケティングの窓口」というサイトがあります。

http://m-madoguchi.jp/



当社の手掛けるお仕事の多くは、
お客様の課題に応じた、個別の相談案件がほとんどなのですが

総合マーケティング企業として、
私たちの持つマーケティングノウハウをもっと発信していきたい!
と当社のマーケティング担当であるT氏がプロデュースしているサイトです。

「リサーチ活用術」
「調査データ活用テクニック」
「最強仕事術」

といった皆さまにも参考にして頂ける情報が盛りだくさん!
ぜひまだご存じない方は一度見てみてくださいね!



2016-08-17

【残暑お見舞い申し上げます】お知らせ

まだまだ残暑厳しい折ですが、いかがお過ごしでしょうか?

ネオマーケティングは、本日よりお盆明け業務を再開しておりますので
引き続き、変わらぬご愛顧の程お願い申し上げます。



この夏は、連日のオリンピック報道に盛り上がりましたね!
数々のスポーツ競技において、日本人選手の多くのメダル獲得に
たくさんの”勇気”と”元気”をもらう事が出来ました。

私たちもビジネスにおいて、
「価値ある情報サービス」を提供することによって
たくさんの人々の生活向上と社会発展に貢献していきますので

これからも、よろしくお願い致します。



2016-08-10

【メンバーはみんな”家族”のように仲がいい石垣ラボ】社内報vol3

「それが~島人ぬ~宝~」From BIGIN

かの有名なアーティスト”BIGIN”の出身地でもある石垣島。
白い砂浜、どこまでも続く青いビーチ!

今年の夏に訪れる方も、もしかしたら多いのではないでしょうか?
あ~私も行きたいっ!(笑)
社内報より、我らが「石垣マーケティングラボ」の魅力を紹介します!



「石垣ラボ」は2011年の設立から約5年を迎えます。
島であることもあり、メンバーはみんな”家族”のように仲が良いのが特徴☆

お子さまのいるメンバーが多い事から、
なんと4月にはネオマーケティング初の「お仕事参観日」を開催しました!

2歳~15歳まで総勢16人の子供たちが参加してくれて、
自分の名前の名刺を作っての”名刺交換”や、お仕事の”模擬体験”
子供たちからのご両親への”感想文の発表”など素敵な一日となったようです。

本当に素敵ですよね~。
これはぜひ、全ての拠点で広めていきたい取組みです!



そしてもう一つ
リサーチャー H氏の手掛ける、石垣市とのコラボ事業があります。

「統計いしがき」といって
石垣市が毎年発行している統計資料があるのですが、
その資料の中に、ネオマーケティングの分析するデータが載っているのです。

地元に根付く企業として、
”石垣市”と何か面白い取り組みが出来ないか?

ということで、以前より親交のあるH氏が提案する形で
「全国・沖縄県・石垣市のデータ比較」という企画が実現しました。

地元を盛り上げ、地域活性化に貢献する!

これは沖縄県に拠点を持つネオマーケティングとして
これからもずっと継続していきたいテーマです。





2016-08-09

【なはラボの魅力は明るく元気なメンバーたち】社内報vol2

「海の~声が~聞き~たくて~」

あ~夏の海が呼んでくれている気がする(笑)
今日は素敵な楽園”那覇”より届けてくれた拠点紹介をピックアップします!



我らが「沖縄なはマーケティングラボ」は
昨年5月に設立した拠点で、早いもので一周年を迎えていました。

設立当初はたった”2人”から始まった拠点でしたが、
今年の4月には社内報を作ってくれた新卒メンバー”3人”が入社!
なんと全員で”18人”の拠点(アルバイトメンバー含む)へと成長しています。

通称「なはラボ」の魅力は
この社内報を読んでいても伝わってくる仲の良さ!

ドラマばりの”メンバー相関図”ではメンバーの関係が良く表れています☆



アンケートコーナーでは
好きなチャンプルーランキングって、対象がせまっ!(笑)
さすがチャンプルー文化の沖縄ならではの視点ですね。

1位に輝いたそーめんチャンプルーは私も大好きな一品ですが、
先日家で作ったら、麺が固まってしまいました…泣
誰か私に作り方教えて欲しいです。

休日の過ごし方はなんと、家でのんびりが1位!
何でやねんっ!

素晴らしい海が間近にあるというのに…
やはり近くにあり過ぎると行かないという都市伝説でしょうか。

ちなみに、沖縄では”うちなータイム”と言って
時間にルーズな人が多いというイメージがあったりしますが
「なはラボ」のメンバーは”時間”にも”仕事”もとっても正確☆

明るく元気で、とっても几帳面な一面があって
チームで仲が良い「なはラボ」の成長に、これからもご期待ください!





2016-08-08

【社内報がついに完成☆ネオの魅力が盛りだくさん!】社内報vol1

皆さんの会社に「社内報」はありますでしょうか?

メンバーの人数が増えてくると、知っているようで意外と知らない…
部署が違うので、普段はあまり話す機会が少ない…という人もいますよね。

当社では毎年、新卒メンバーがさまざまな部署のメンバーの”人となり”を取材し
コミュニケーション機会も作れる「社内報」を年2回制作しています。

今日はその「社内報 夏号」の社内公開・配布を行いました。
メンバーの魅力が盛りだくさんの「社内報」は全社員に配布され
この夏期休暇を機に、ご家族の方たちへも紹介してもらう目的も果たします。

社内向けの内容のため、全てをお伝え出来ないのが残念ですが、
今週は、社内報の素敵な内容を皆さんにもちょこっとお伝えしていきます!



今回の夏号では、東京本社がA4サイズ4ページ分!
沖縄拠点は、那覇が2ページ、石垣が2ページの計8ページで構成されています。

「COMPASS」というタイトルは代々受け継がれているもので
ネオマーケティングのロゴが示す「指標」から来ています。

その中で本日は「選抜キャラクター総選挙」をご紹介しましょう!

当社ホームページでもおなじみ5体のキャラクターと、
サービスで活躍する9つのキャラクターから社内のアンケートシステムを使って
社内メンバー全員に投票してもらった結果をランキング形式で発表!

その中で1位に輝いたのは…
自社メディア「fumufumu」のマスコットキャラクター「ふむふむず」でした!

この愛らしいキャラクターは”ちんちら”をモチーフにしています。
実はなんと!「LINE」スタンプショップでも販売中です!
検索に「ふむふむず」と入力し、”クリエイターズ”からチェックして下さいね。

2位には5体のキャラクターの中で一番ビッグなキャラ「ブッキーマン」がランクイン!
当社の誇る事業の一つ一つを「武器」に持つ、武骨なキャラクターです。

そして3位には、まぼろしのキャラクター「アイリサーチ犬」が壇上へ。
旧アイリサーチサイトで案内役を務めた”紳士な犬”が
社歴の長いメンバーからの愛情を一身に受けてランクインしました。



個人的に応援していた「じっくりん」が辛くも表彰台を逃すなど
なかなか感慨深い深い結果となりましたが、どのキャラクターにもアンケートの
FA欄(フリーアンサー)で素敵なコメントがあって”愛”を感じました☆

Urizo(ウリゾウ)キャラの牧野さんや、
テレビウォッチャーの「ビューアーくん」など興味のある方は見てみて下さいねっ!






2016-08-05

【マクドナルド復活の要因に学ぶこと。】サービス

最近また、マクドナルドに行く機会が増えてきました。
先日の「1955 スモーキーアメリカ」は”ボリューム”も”味”も大満足の一品!

迷走を続けたマックですが、なんと7カ月連続の増収と好調のようです。
このところの新メニューに共通する「こだわりと満足感」
もちろん”安い”も大事、でも”美味い”の上に成り立つものだと改めて思いました。

これは仕事においても、とても重要なことだと思います。
「美味い=満足」を決して裏切ってはいけない。

”安く”提供するために”品質を落とす”ことは簡単なことです。
けれど、そうしたサービスを求めて再び購入してくれることはないでしょう。

私たちは長い歴史の中で、
”品質を落とす”ことだけはしないように努めてきました。

リサーチのIT化や自動化(セルフ)など”価格”の変動の波にさらされた
時期もありましたが、どんなに厳しい時でも”品質”だけは落とさないように、
そして”人”だけは減らさないようにしてきました。

なぜなら私たちのサービスは”人”によって成り立っているからです。
”人”の知識と経験、ノウハウこそが「価値」だと考えているからです。

だから当社は他社と比べて、サービスを創る人が多い。
扱う情報に対して、これでもかというほどチェックを欠かさない。

このマネージャーO氏は、
リサーチの品質を管理する”番人”です。



どれだけ多くの案件を担当しようとも、”品質”を下げる行為に関しては
徹底的に”NO”を突き付けます。

それは私たちの扱う情報が、お客様の事業を左右する
指標とすべき「最も大切な情報」だという事を知っているからです。

調査の設計から、トリプルチェック。
画面の確認に、トリプルチェック。
データの確認に、トリプルチェック。

だから私たちが提供するサービスはお客様の期待を裏切りません。

『すべては、お客さまの「うまい!」のために。』
今日も美味いビールのために頑張りますか!(笑)



2016-08-04

【私たちはなぜここまで継続してこれたのか?】リサーチ

最近少しづつ「ブログ楽しみに見てるよ!」という声を
頂くことが増えてきて、とても励みに感じている今日この頃です。

今日は当社の強みの一つである「リサーチ」について、
これまでの歴史を紐解きながらお伝えできればと思います。

世の中にリサーチ会社と言われる会社は多数あると思いますが、
当社がなぜここまで継続してこれたかについては
いくつかの理由があると感じています。

その中の一つ「iResearch(アイリサーチ)」についてお話しましょう。

皆さまの中にも、ネオマーケティングの存在を知る前に
「iResearch」を知っていたという人もいるのではないでしょうか?

気付かない人も多いでしょうが、テレビや新聞、雑誌などで取り上げられる
統計データの片隅に「アイリサーチ調べ」という表記があるものがあります。

時期にもよりますが、毎月200~300件程度のさまざまなメディアに
掲載されているので、それを調べてご連絡頂く方も多くいます。

これらは、私たちがリサーチしたデータであることを表すと共に
自社で運営するアンケートサイト「iResearch(アイリサーチ)」から
収集したデータである事も示しています。

「リサーチ」を行うためには、
アンケートに協力してくれるモニター様の存在が欠かせません。

そうした方々をどうやって集めているかというと、
私たちの場合、自社で運営するアンケートサイトに登録して頂いている
モニター様に協力して頂くことでデータを収集しています。

その仕組みを形にしたのが、システムエンジニアの村上です。



開発当時はまだ自社でアンケートを回収できる企業が少なく、
リサーチ会社は特定の企業から”借り受ける”形でデータを収集していました。

しかしながら永続的にリサーチを行っていくためには
自社でシステムを持つことが必要だと感じ、村上は一からシステムを構築。
どの資本にも属さない「独自のアンケートサイト」を作り上げました。

この「iResearch」には広告などを一切表示していません。
また何か別のサービス紐づく会員にアンケートをお願いするといった
資本関係や提携のまったくない独立した立場を持ち続けています。

それは「リサーチ」が公平公正な立場でなければいけないこと。

何かに影響を受ける環境や、特定の分野に偏った方々では
最も大切な「情報」に偏りが出てしまう可能性があるからです。

私たちが独立企業であり、他社の影響を受けない
公平な立場であるからこそ、提供する「情報」に信頼を頂くことができ
これまで多くのお客様に支持されてきたのだと思います。



2016-08-03

【イクメンたちが活躍する職場。】制度

皆さんの会社には「イクメン」がいますでしょうか?

ご存知の通り「育児(イクジ)する男性(メンズ)」のことですが、
当社ではどうやらこの「イクメン」比率が高いのでは?と思っております。

私たちの会社の平均年齢は、だいたい28~29歳くらいで
20代前半~中盤の新卒で入社したメンバーたちと、
30代前半~中盤の中途で入社したメンバーの人数が多いのですが、

最近は少しずつ既婚者が多くなってきて、子供がいるメンバーも増え
社内でも”親バカトーク”が目立つようになりました。(笑)

システム開発を担当するU氏もその一人です。

一般的にシステムエンジニアといえば、昼夜を問わず仕事が山積し
だいたい最後まで残っている…なんていうイメージがありますが、

当社では、システム開発が率先して早く帰る部署
このU氏も、平日はだいたい家族で一緒にご飯を食べるのだとか。



そして最近彼が、週末にはまっているのが子供たちとの
リアルスプラトゥーン(ウォーターガンの掛け合い)だそうです。
まったく、絵に描いたような「イクメン」ですね。(笑)

もちろん、これは彼だけの話ではありません。

当社では仕事だけでなくプライベートも充実して過ごせるように、
ノー残業デー制度を設けていて、毎週水曜日は定時の19時に上がります。

いやいや、水曜日でも仕事してる人いるでしょ?
なんて声が聞こえてきそうですね。(笑)

もちろんお客様からのお仕事の関係や、優先順位の高い業務がある場合は
残らざるを得ない時があるのは事実です。

でも、なるべく皆が週に一度は早く帰れるように
その週内で”必ずノー残業デーを振り替えすること”と言っています。

具体的には共有のスケジュールに「ノー残業デー」を設定して、
チームメンバーにも公開しているため、

「今日はもう早く帰りなよ!」「今日は振り替えの日でしょ?」
といったように声を掛け合えるので、帰りにくい雰囲気はほぼありません。

私がネオマーケティングに入社した時、先輩に言われた話で

「プライベートが充実してなかったら、いい仕事なんて出来ないでしょ。」
と、言って頂いたことを今でも覚えています。

なかなかいい会社ですよね。
さっ、今日もノー残業デーですので私もそろそろ帰ります!



2016-08-02

【いま、ふたたびの那覇へ。】学びのこと

ご存知の通り、当社は沖縄に2つの拠点があります。

一般的に”拠点”や”支店”というと、少し遠い存在のようなイメージを
持つ方も多いと思いますが、NEOでは密接した関係にあります。

どのように密接しているかというと、
なんとお仕事の95%以上が”拠点”との連携によって成り立っています。

95%以上です!
もはや石垣・那覇拠点なしでは仕事が出来ません。
NEOのサービスの品質は、拠点メンバーによって支えられています。

それだけ重要な業務を担う”拠点”だからこそ、
私たちはメンバーとのコミュニケーションを大切にしています。

オフィスでは常に大型テレビで中継が繋がっていて
手を振れば相手に伝わる環境でやり取りが出来るようになっていたり、
メール、チャット、ビデオ通話というさまざまな手段で連絡を取り合っています。

しかしながら、やはり「直接会う」事に勝る手段がないのも事実です。

心理学者のアルバート・メラビアン博士によると、
「言葉以外の非言語的な要素で93%の印象が決まってしまう」と言われています。

視覚情報 (Visual) – 見た目・身だしなみ・しぐさ・表情・視線 …55%
聴覚情報 (Vocal) – 声の質(高低)・速さ・大きさ・テンポ …38%
言語情報 (Verbal) – 話す言葉そのものの意味 …7%

なんと言語的な部分は1割にも満たない、7%しか相手に伝わらないのです。

その壁を打破するために、
私たちの会社ではメンバーが相互に行き来することで壁を埋めています。

現在、本社から沖縄拠点に行っているI氏もその一人です。
I氏は「リサーチ」のプロフェッショナルとして数多くの実績を持ち
お客様の本質的な課題を解決に導く専門家です。



今回の出張では、なかなか言葉だけでは伝わりづらい
お客様とのやり取りで生まれる「意図の汲み取り方」や「提案の仕方」など
サービスの品質を高めるための研修を実施するために行っています。

「共に創る」

私たちはこれからも、全拠点のメンバー全員で
品質の高いサービスを提供し続けます!

※「いま、ふたたびの奈良へ。」
 に掛けた内容ではなくなってしまいましたね。(笑)




2016-08-01

【そうだ、青森行こう。】メンバー紹介

8月に入りました。ついに、夏本番です。
夏といえばやっぱり、海に、花火に、祭りですよね!
皆さんは今年の夏、どこに行かれますか?

実は私、広報の萩原は”京都出身”でございまして、
京都の夏といえば、”祇園祭”に大文字が有名な”五山送り火”など
「そうだ、京都行こう。」と毎年多くの観光客が訪れます。

しかし全国に目を向けますと
まだまだ魅力的な「日本の夏祭り」は多くございます。

先日webで紹介された
「一生に一度は観てみたい夏祭り」についてのアンケート調査では、
http://r25.jp/off/00051787/ (アイリサーチ調べ)

一位はなんと、「青森ねぶた祭り」でした!

圧倒的な存在感の大型の山車が曳かれる「ねぶた祭り」
重要無形民俗文化財にも指定されており、毎年300万人が集まるとか。

しかも今年はメインとなる大型ねぶたの運行が週末に重なっており
非常に多くの来場者が見込まれると予想されていますが
今年はそれだけではありません!

なんと青森出身の当社メンバーY氏が、
「2016ミスねぶた」として、ねぶたパレードを先導しております!



当社の営業としても大活躍のY氏は、地元の祭りを盛り上げたいと
「ミスねぶた」にエントリーし、驚きのグランプリを獲得!
(中央にいるのが、グランプリのY氏です!)

これは過去に類を見ない歴史的快挙!
そんな彼女を、会社が応援しないわけがありません!

本日から一週間「ミスねぶた」として活躍する彼女を
メンバー全員が完全サポート!
ぜひ素晴らしい経験をしてきてもらいたいと思ってます!

「青森ねぶた祭り」は今週末に掛けて開催中!
ぜひ行ける方は、当社の誇る「ミスねぶた」を見に行ってください!

「そうだ、青森行こう。」(笑)乞うご期待です!