2016-06-30

【ヒナは大空へ羽ばたけるのか?】制度

本日で6月も最終日です。
早いもので、4月に入社した新卒生も3ヶ月が過ぎました。

さて、皆さんの会社でもそろそろ配属が済んで、
現場のメンバーとも馴染んできたころではないでしょうか?

新卒メンバーが現場に配属されると、
それぞれの部署とのコミュニケーションが深まる一方で、
違う部署との接点が少なくなってしまいがちです。

「そういえば今年の新人とはあまり話していないな…」
「まだはっきりと顔と名前が一致していないよ…」

なんて方もいるかもしれません。
でも、新卒メンバーからすれば先輩から気軽に声を掛けてもらったり
自分の名前を呼んでもらえるのは嬉しいものです。

そんな普段接する頻度が高くない先輩との
コミュニケーションを作れる取り組みを当社では毎年行っています。

それが「社内報」です。

社内報は新卒メンバーが会社のことを調べ、よく知れる機会になるだけでなく
先輩へのインタビューを実施したり、写真を撮ったりすることで
コミュニケーション機会が多くなり、お互いの関係が向上します。

さらにはチームで一つのものを作るといったグループワークになるため
配属先の違うメンバー同士の繋がりも保つ事ができます。



毎年コンテンツは新卒生が考えているんですが、
コンテンツの中には「あなたのお弁当ちょっと覗き見」といった
ちょっと見るのが楽しみなコンテンツもあって期待大☆

今年の「社内報」もとっても楽しみです!
ぜひ参考にしてみたいな…とお考えの方がいらっしゃれば
当社の「社内報」をこっそりと紹介しますので、お問合せ下さい!