2012-05-28

ソーシャルゲームの経験者(男女)500人に聞いた「ソーシャルゲームに関する実態調査」


ネオマーケティングでは今回、2012年5月 10日~5月11日の 2日間に、ソーシャルゲームの経験者(男女)500 名を対象に「ソーシャルゲームに関する実態調査」をテーマにした、インターネットリサーチを実施いたしました。

近年のソーシャルゲームの市場について、「2012 年 1 月 17 日に発表された調査では、広告収入を除く国内の市場規模が 2011 年度で推計 2570 億円。2012 年度には 33.4%増の 3429 億円と予測されている(矢野経済研究所調べ)。世界に目を向けても、2015 年までに 50 億ドル規模に市場が急成長すると試算が出されるなど、ソーシャルゲームが国境を越えた巨大ビジネスへと成長を遂げつつあるのは、もはや既定路線といって差し支えない(Parks Associates 調べ)。」(エンジニア type 引用)


最近では、ソーシャルゲームに対する課金の規制を消費者庁が発表して、話題が絶えません。


実際の、ソーシャルゲーム経験者の課金額はいくらぐらいで、ソーシャルゲームについての不満点は
どんなことなのか。


消費者側からの視点でソーシャルゲームに関する実態調査を行いました。





詳しくは、こちら