2011-07-15

女性の恋愛に関するアンケート


本日は、弊社メディアインタラクティブと小学館の女性誌ポータルサイトFAnetと共同で実施した女性の恋愛に関する気持ち、行動についての調査結果をご紹介します。

今回は、2011年6月9日~10日の2日間に、全国の20代~30代の未婚女性
500名を対象にWebアンケート形式で調査しております。

今後も不定期に実施してまいります。


【調査概要】

調査方法 :アイリサーチを利用したWEBアンケート方式

調査の対象:全国の20代~30代の未婚女性

有効回答数:500 人

調査実施日:2011年6月9日(木)~6月 10 日(金)




【1】8割の女性が「プロポーズは男性がすべき」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
あなたは、好きな人ができたら自分から告白するほうですか。(お答えはひとつ)

たいてい自分から言う 13.2%
相手に好きと言わせるよう仕向ける 22.2%
相手に好きと言わせようとするが、うまくいかない 8.8%
黙って好きと言われるのを待っている 25.8%
たいてい相手が好きと言ってくれる 8.6%
好きになる相手によって違う 20.4%
その他 1.0%



Q.プロポーズは、やっぱり男からすべきものだと思いますか。(お答えはひとつ)

そう思う             42.6%
どちらかといえばそう思う     37.4%
どちらともいえない        16.6%
どちらかといえばそう思わない   0.8%
そう思わない           2.6%



「相手に好きと言わせるよう仕向ける」という人が22.2%いるものの、「黙って好きと
言われるのを待っている」は、それを上回る25.8%。男性から告白させる、あるいは
告白してもらうことを期待している人が48%もいるということです。それに対して、
「たいてい自分から言う」と回答した人は、わずか13.2%でしかありません。



その傾向がより強く表れているのが、「プロポーズは、やっぱり男からすべきものだ
と思いますか」という質問。「そう思う」「どちらかといえばそう思う」を合わせると、
なんと80%の人が、「プロポーズは男性がすべき」と思っています。






【2】出会いのチャンスのために行う努力「自分磨き」が約半数、
合コンよりも友達の紹介に期待
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Q.出会いのチャンスがあるように、どんな努力をしていますか。(お答えはいくつでも)

合コンなどへの参加               28.3%
友達の紹介                   35.1%
クラブなどへ遊びに行く             7.5%
お見合い                    3.0%
結婚相談所への入会               5.7%
インターネットでの仲介サービスへの入会     5.3%
自分磨き                    48.3%
交流会・パーティーなどへの参加         15.1%
その他                     1.9%
特になにもしていない              29.8%



出会いのチャンスを求めて積極的に行動する人が多いのではないかと予想して
いましたが、「合コンなどへの参加」は28.3%、「交流会・パーティーなど
への参加」は15.1%と、思っていたほどには多くありません。日本では男女の
出会いで伝統的な手法のひとつである「友達の紹介」が35.1%と、合コン、
交流会への参加を上回っています。




【3】震災を受け結婚したい気持ちが強くなった女性3割
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Q.2011年3月11日に発生した東日本大震災により、結婚に対して、
あなたご自身になんらかの変化がありましたか。(お答えはひとつ)

結婚したい気持ちがとても強くなった     9.4%
結婚したい気持ちが強くなった       27.0%
どちらともいえない             60.8%
結婚したい気持ちがなくなった        1.8%
結婚したい気持ちが全くなくなった      1.0%



震災を経て、やはり家族や安心を欲しいと感じる方が多かったようで、全体の
3割強が結婚したい気持ちが強くなったと回答しました。



震災時に助け合う夫婦の姿や、恋人がもし被害にあったら・・・など考えることが
多かった様子。一方で結婚したくないと答えた方には逆にパートナーと死別する
ことを考えると、恋愛に気持ちが向かなくなったという意見もありました。


震災のあと、様々な業界でこれまでとは全く異なる状況で、蓄積していた
データからの先読み、予想ができなくなったというお話を聞きます。


社会の変化が激しく、予想を立てづらい状況ということもあってか、
これまでよりも少ない設問数、サンプル数で調査回数を増やして
定期的に行われるケースが増えてきているように思います。

大きなプロジェクトというより、社会の「現状」をタイムリーに
把握していく、またそのデータから改めて予想を立てていくという
企業様もいらっしゃるようです。

さて、今回の調査は「女性の恋愛に関するアンケート」でした。

震災を受けて変化したのは社会の消費状況だけではなく、恋愛観も
変化したようです。


また、これから夏本番、暑くなってはきますが様々なイベントが
開催されます。男性の方々は女性の心境をチェックしていただく
とともに、女性の方も同じく参考にしていただければと思います。

今週は3連休ですね、よい週末をお過ごしください。

それでは今後ともどうぞよろしくお願い致します。