2011-03-09

子供の習い事に関する実態調査


2005年の内閣府の「少子化に関する国際意識調査」によりますと、米国、
フランス、韓国、スウェーデン、日本の5カ国で、およそ1,000人の男女を
対象に少子化についての調査をしたところ、「子供を増やしたくない」と
答えた割合は53.1%と、他の4カ国と比較して最も多い状況でした。


また「子供を増やしたい」と答えた割合が最も少ないのも日本、ということで
今回はそんな少子化環境の中でも、第二子を育てる親の実態を「習い事」の
調査させて頂きました。



【調査概要】

1.調査方法 :アイリサーチを利用したWEBアンケート方式

2.調査対象 :アイリサーチ登録モニターのうち全国の20代~50代で10歳以下の子供2人を持つ親

3.有効回答数:500 人

4.調査実施日:2011年2月15日(火)~2月16日(水)




【1】いま第一子に通わせている、第二子に通わせたい「習い事」1位 水泳
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Q.現在通わせているお子様(第一子)の習い事についてお答えください。(N=500)
Q.第二子が今の第一子の年齢になったときに通わせたい習い事をお答えください。
(N=500)



■いま第一子に通わせている「習い事」
第1位 水泳
第2位 ピアノ
第3位 通わせていない
第4位 通信教育
第5位 英語



■いま第二子に通わせたい「習い事」
第1位 水泳
第2位 通わせる予定はない
第3位 ピアノ
第4位 英語
第5位 書道



現在、第一子が通っている「習い事」と、第二子が第一子の年齢になった
ときに通わせたい習い事を聞いたところ、第一子、第二子ともに「水泳」
「ピアノ」が人気ということがわかりました。


しかしながら、ポイント数は「水泳」が27.4%から24.8%、「ピアノ」は
22.6%から18.0%と減っており、現在「習い事に通っていない」第一子が22.4%に
対し、第二子へ「習い事に通わせる予定はない」が25.0%と若干ながら
上昇傾向だという結果が分かりました。




【2】第二子にかける月謝額、第一子より1,000円アップを予定
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Q.いま、第一子の習い事にかけている平均の合計月謝額をお答えください。
Q.いま、第二子の習い事にかけている平均の合計月謝額をお答えください。
Q.第二子がいまの第一子の年齢になった時に習い事にかける予定の月謝額を
お答えください。(N=500)


金額            第一子   第二子   将来の第二子

無料             0.3%    0.4%    0.0%
1,000円未満          1.0%    0.7%    0.3%
1,000円~2,000円未満     2.3%    3.3%    2.4%
2,000円~3,000円未満     4.4%    5.5%    4.3%
3,000円~4,000円未満     7.7%    7.4%    7.2%
4,000円~5,000円未満     9.3%    7.7%    10.1%
5,000円~6,000円未満     8.0%    10.7%    10.9%
6,000円~7,000円未満     7.0%    10.7%    6.1%
7,000円~8,000円未満     7.5%    7.4%    7.7%
8,000円~9,000円未満     5.2%    5.2%    4.3%
9,000円~10,000円未満     5.2%    10.0%    6.9%
10,000円~11,000円未満    5.4%    5.5%    6.1%
11,000円~12,000円未満    3.1%    3.3%    3.2%
12,000円~13,000円未満    4.9%    4.4%    4.3%
13,000円~14,000円未満    2.8%    1.8%    2.1%
14,000円~15,000円未満    4.4%    3.0%    4.0%
15,000円~16,000円未満    2.1%    2.6%    3.5%
16,000円~17,000円未満    1.5%    1.1%    0.5%
17,000円~18,000円未満    2.3%    0.4%    1.6%
18,000円~19,000円未満    1.0%    1.1%    1.1%
19,000円~20,000円未満    2.6%    1.5%    2.7%
20,000円~25,000円未満    6.2%    4.1%    5.1%
25,000円~30,000円未満    1.3%    0.7%    1.3%
30,000円以上         4.6%    1.5%    4.3%



現在の第一子、第二子、将来の第二子の習い事にかける「月謝」を聞いたところ、
第一子で一番多かったのが4,000円~5,000円未満(9.3%)でという結果でした。


それに対し、第二子が第一子の年齢になったときの「予定する月謝」で最多だったのが、
5,000円~6,000円未満(10.9%)と、月謝の金額が上がる傾向にあることがわかりました。

さて、お隣り韓国では、6歳以下の子供の99.8%が習い事に通っているという
調査結果が出ていました!(韓国教育開発院)


養育費の負担を感じて、第二子、第三子をつくるのを諦めたという声もあったそうです。


現状の日本ではどうなのか、少しでも参考になれば幸いです。

2011-03-08

iPad-タブレットPCに関する調査


本日は弊社が調査した「iPad-タブレットPC」に関するお話です。


2010年第3四半期のタブレットPCの出荷台数は480万台でした。

そのうちiPadが87.4%とシェアの大部分を占める結果となったタブレットPC市場ですが、
現在も各メーカーから様々なタイプのタブレットPCが続々出てきています。


現で状は一体どれくらいの普及率なのか、今回はビジネスパーソンに対して、
iPad-タブレットPCを使って仕事をしているのか、また使っていればその活用の仕方など
併せて明らかにしていますので、今後の参考にしていただければと思います。



【調査概要】
1.調査方法 :アイリサーチを利用したWEBアンケート方式
2.調査対象 :アイリサーチ登録モニターのうち全国の20代~50代の有職者
3.有効回答数:1500 人
4.調査実施日:2011年2月23日(水)~2月25日(金)



【1】iPad/タブレットpcを仕事で利用している人は8.1%
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Q. iPad/タブレットPCを仕事で使っていますか。(N=1500)


YES  8.1%
NO  91.9%


全国の仕事を持つ男女1,500人に聞いたところ、iPad/タブレットpcを
仕事で利用している人は122人(8.1%)という結果でした。


また仕事で使う122人にiPad/タブレットpcを仕事で使う頻度を聞いたところ
1番多かったのが「毎日仕事で使う」(59.0%)で、次いで「2日に1回程度使う」
(17.2%)と、仕事で使う方は積極的に使う姿勢のようですね。





【2】用途で多いのはメール・ブラウザに次いでスケジュール管理。
ソーシャルメディアの利用はTwitterが一番。ブログ作成とFacebookが同率に。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Q.仕事でiPad/タブレットPCを使う用途は何ですか。(N=122)

メールチェック                73.8%
ブラウザの活用                53.3%
プレゼンテーションデータの保持・活用     41.8%
スケジュール管理・活用            48.4%
ビジネス資料の保持・活用           44.3%
マニュアルの保持・活用            26.2%
ビジネス系画像・動画の保持・活用       27.9%
各種ビジネス文書の作成            23.0%
教材コンテンツの保持・活用           8.2%
販売管理                    9.0%
僅怠工数・経費精算関連業務管理         6.6%
ブログ作成                  11.5%
mixi                     14.8%
Twitter                    25.4%
Facebook                   11.5%
その他SNS                   1.6%
その他                     3.3%


仕事でiPad/タブレットpcを使う用途を複数回答で聞いたところ、メールチェック・
ブラウザの活用に次いで多かったのがスケジュールの管理(48.4%)、ビジネス資料の
保持・活用(44.3%)、プレゼンテーションデータの保持・活用(41.8%)となりました。


また、ソーシャルメディアの活用を聞いたところ、Twitterが一番多く(25.4%)、
次いでmixi(14.8%)、3番目にブログ作成(11.5%)とFacebook(11.5%)が同率となりました。





今回は、タブレットPCについての調査をご紹介させていただきました。


近頃、お越しいただく営業の方に提案の際、タブレットPCでプレゼンを受けることが多くなって
きているようですし、少しずつビジネシーンにおいても普及してきているなと実感するように
なってきています。


iPad2が発表されるなど、ますます注目が集まっていますので、今後のタブレット端末の活用への
参考にしてもらえればと思います。