2011-02-24

“イクメン”に関する調査


本日は弊社が調査した「イクメン」に関するお話です。


厚生労働省は、男性が育児をより積極的にすることや
育児休業を取得することができるよう社会の気運を高めることを目的に
2010年6月17日から「イクメンプロジェクト」をスタートさせています。

「イクメン」とは子育てを楽しみ、自分自身も成長する男性のこと、
または将来そんな人生を送ろうと考えている男性のことですが、
今回はそんな「イクメンの実態」を調査させていただきました。


【調査概要】

1.調査方法 : アイリサーチを利用したwebアンケート方式
2.調査対象 : アイリサーチ登録モニターのうち全国の20代~30代の既婚男性で
乳幼児~小学低学年児童までのお子さんを育児中の方
3.有効回答数 : 500人
4.調査実施日 : 2011年2月10日(木)~2月14日(月)


☆*゚ ゜゚*育児休暇取得経験がる人は約1割、取得しやすい職場環境は4割超☆*゚ ゜゚*

Q. これまで育児休暇を取得したことはありますか。(N=500)

■現在取得中である・・・・・・2.2%
■過去に取得したことがある・・・・・7.0%
■現在取得中であり過去にも取得したことがある・・・0.4%
■取得予定である・・・・・・・・・2.2%
■これまで取得したことはない・・・・・・・・・88.2%

Q. あなたの勤務先の「育児休暇」に対する対応はどのようなものですか。(N=500)

■取得を推奨している環境だ・・・・・・6.2%
■理解がある方だと思う・・・・・・・・・・34.8%
■育児休暇なんてとんでもない・・・・27.4%
■そもそも育児休暇に関する制度がない・・・29.6%
■その他・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・2.0%


育児休暇を取得したことがある人は全体の約1割。
そのうち、現在取得中は2.2%という結果になりました。

また、勤務先の「育児休暇」に対する対応を聞いたところ、
取得を推奨している環境(6.2%)、理解があるほうだ(34.8%)と、
男性が育児休暇を取得しやすい環境が4割を超えてきているようですね。


☆*゚ ゜゚*育児は「大変」と実感する人が最多の約5割。現実はそう甘くない?☆*゚ ゜゚*
Q. 子育て前と実際に子育てをしてみての子育てに対する心境の変化のうち、
最も当てはまるものをお選びください。 (N=500)

■育児は思っていたより楽しい・・・・・20.8%
■育児は思っていたより素晴らしい・・・12.2%
■育児は思っていたよりも充実感がある・・・14.8%
■育児は思っていたより大変・・・・・・・・・48.6%
■心境の変化はみられない・・・・・・・・3.4%
■その他・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・0.2%

育てる前と実際に子育てをしてからの子育てに対する心境の変化を聞いたところ、
「育児は思っていたより大変」が最多の48.6%でした。

続いて「楽しい」(20.8%)、「充実感がある」(14.8%)、「素晴らしい」(12.2%)となっています。

理想と現実の差が大きいことがうかがえますね。


☆*゚ ゜゚*奥様から見た、子育てをしている夫の評価「上がった」が約3割☆*゚ ゜゚*
Q. 子育てをされているあなたの行動を見て、奥様のあなたに対する評価は
変わりましたか。 (N=500)

■評価が上がった・・・・・・29.4%
■あまりかわらない・・・・・67.4%
■評価が下がった・・・・・・3.2%

子育てをしているご主人の行動を見た奥様から評価を聞いたところ、
「評価が上がった」が約3割でした。

主な理由としては「家事・育児に積極的」が大半を占め、
中には「急病のとき仕事を抜けて病院に連れて行ってくれた」
「お風呂に一緒に入るのが日課」といったきちんと役割が分かれていたり、
助けあって育児されていることが感じられる回答が見受けられました。


こちら
http://ikumen-project.jp/index.html
が厚生労働省のイクメンに関する特設サイトです。

「育てる男が、家族を変える。社会が動く。」とサイトにもあるように、
家族のあり方を見直し、もっと子育てしやすくなるよう
社会全体が変化していくといいなと思います。

2011-02-23

スポーツに関する調査~相撲界編~


さて今回も前回、前々回に引き続き「スポーツ」に関するお話をご紹介します。

3回目の今日は「八百長問題で揺れる相撲界について」です。


○●○●○4人に1人が相撲協会に解散を迫る!●○●○●

Q. 八百長問題で揺れる相撲界ですが、今度どうするべきだと思いますか。
(N=500)

(1)即刻解散すべき・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・23.0%

(2)調査が完了するまで興行するべきではない・・・・46.6%

(3)ファンがまっているので興行はすべきだが、
調査はするべき・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・22.0%

(4)調査も必要ないし、はやく再開するべき・・・・・・・・・2.0%

(5)その他・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・6.4%


八百長問題が明るみになり、騒動に発展した相撲協会ですが、
今の状況はやはりファンにとっても許しがたいもののようです。

即刻解散を求める厳しい意見も多数寄せられています。

かつてはプロ野球界にも疑惑が起こったことがあり、
厳しい時代もありました。

今回の相撲界の一連の不祥事も簡単には済まない問題であるように思えますが、
プロ野球の復活もあったように、スポーツファンは相撲の復活を待っているのではないでしょうか。


何事にも公正で真剣に取り組む姿はとても凛々しくかっこいいものだと思います。

きちんとした問題解決がされ、
相撲という国技を純粋に応援・楽しめる日が来ることを祈らずにはいられませんね。

2011-02-22

スポーツに関する調査~活躍を期待する新人プロ野球選手編~


前回のブログに引き続き、
今回も「スポーツ」に関するお話をご紹介します。
2回目の今日は「活躍を期待する新人プロ野球選手について」です。


【調査概要】

1.調査方法:アイリサーチを利用したwebアンケート
2.調査対象:アイリサーチモニター(全国の男女)
3.有効回答数:500人
4.調査実施日:2011年2月8日(火)~2月9日(水)

゚・:,。゚・:,。★活躍を期待する新人プロ野球選手はやっぱり「佑ちゃん」が1位に!゚・:,。゚・:,。☆

Q. プロ野球で今年活躍すると思う新人選手は誰ですか。(N=500)

1位 斎藤 祐樹 115票
2位 澤村 拓一 105票
3位 大石 達也  76票
4位 福井 優也  22票
5位 一二三 慎太 20票

今年のドラフトは「ハンカチ世代」と名付けられたように、
斎藤選手を中心にピッチャーの有力候補が目白押しになりました。

その中でファンが活躍を期待する選手を調査しました。

やはり1位となったのは甲子園フィーバーから4年が経っても
いまだに人気を集めている斎藤投手。

「あれだけ注目を浴び続けていることから、観客を集めるプロ球団でも
プレッシャーを感じずプレーできるのでは?」という意見も聞かれました。

2位につけたのは大学生最速のMAX157kmの球速が武器の澤村選手。

沢村賞の名づけ親でもある沢村栄治投手と同姓でもあることから、
沢村賞を期待される逸材がランクインしました。

3位、4位には斎藤選手とともに早稲田ドラ1トリオと呼ばれている
大石選手、福井選手が選ばれました。

5位は一二三選手と、すべてピッチャーという結果になりました。


今朝のスポーツニュースで知りましたが、
巨人のドラフト1位、沢村投手は3月25日からの
開幕3連戦でプロ先発を期待されているようです。

斎藤投手も公式戦デビューを控えているそうなので、
しっかり調整をして最高の公式戦デビューを飾って頂きたいものです。

2011-02-21

スポーツに関する調査~ファンが選ぶアジアカップMVP編~


本日は弊社が調査した「スポーツ」に関するお話をご紹介します。

今年のスポーツ界はサッカーのアジアカップにはじまり、
大相撲問題、プロ野球に新人スター入団と常に話題に事欠かしません。

これらの話題をスポーツファンはどう感じているのか、
まずは1月に開催されたAFCアジアカップ2011で、
優勝という快挙をもたらした日本代表に関する調査をご紹介します。


【調査概要】

1. 調査方法 : アイリサーチを利用したwebアンケート
2. 調査対象 : アイリサーチモニター (全国の男女)
3. 有効回答数: 500人
4. 調査実施日: 2011年2月8日(火)~2月9日(水)

☆*゚ ゜゚*ファンが選ぶアジアカップMVPは GK 川島永嗣!☆*゚ ゜゚*

Q. アジアカップで優勝した日本代表、あなたが選ぶMVPは誰ですか。(N=500)

1位 川島 永嗣 161票
2位 長友 佑都 118票
3位 ザッケローニ 32票
4位 本田 圭佑  22票
5位 李 忠成    21票

見事なチームワークでアジアカップを制したザックジャパン。
ご覧になられた方も多かったのではないでしょうか。

さて大会のMVPには本田選手が選ばれましたが、
ファンが選ぶMVPでは、圧倒的多数の声を受けて
GKの川島選手が選ばれました。
やはり準決勝のPK戦で見せたセービングや、
幾度となくピンチを救ったファインプレーがファンの心をつかんだようです。

2位には豊富な運動量で左サイドを支配し、
世界屈指の名門インテルミラノへの移籍を勝ち取った
長友選手がランクイン!
攻撃面での活躍も高評価となったようです。

3位は選手ではありませんが、
就任以来無敗を続けるザッケローニ監督が選ばれました。

ザックジャパンの今後の活躍にも期待したいですね!